こんばんは 
らな、退院から1ヶ月が過ぎました。
何故か遠い昔の事のような気がします。
そして、プレドニゾロン減薬から5日経ちました。
今日は、週一回の血液検査。に行って来ました。

病院に行くと、普通(私の常識では)・・・先日はご迷惑をかけて申し訳ありませんでしたと謝罪の言葉があって当然だと思っていました。
命に係わる薬の誤算をしたのですから。

でも当事者の看護士からは謝罪の言葉もなかったです。
トリマーさん(その病院の元看護士)が、受付の子に薬は再確認して出すようにと口添えしてくれたのにも関わらず、その子からも謝罪の言葉は無し。

この調子だと、この件は院長も知らず、看護士同士で有耶無耶にしたな!と思いました。

なので、自分で院長に言いました。先週、薬の誤算があり、他の病院でのブレドニゾロンを2日分代用したことを。

院長は、やはり知らなかったようです。
でも謝罪の言葉はありませんでした。
院長が、らなにはブレドニゾロンは欠かせないと一番解っているはずなのに。

その代り、何を言い出すか?と思ったら、うちで出しているアトピカの値段、他の病院で言わんといてなと言うのです。

    

薬の誤算とアトピカの価格と何の関係があると言うのでしょうか?
意味不明です。

挙句の果てに・・・

らな、今日は便が出ていなかったので、体重が2.8から3.0に増えていました。
すると、ブレドニゾロンは、4.2から4.5となります。

院長、5㎎の錠剤のブレドニゾロンをカッターで削って4.5㎎くらいにして与えて下さいと言うのです。
何と不親切なと思いました。
もう散剤での処方はしてくれませんでした。

嫌がらせですか

ここの病院、老舗でベテランです。
そして、看護士さんも犬の保定をちゃんとしてくれます。他の病院は飼い主が保定します。

それから、らなのブレドニゾロン減薬に必要な血液検査のCRP。
ここら辺では、此処の病院しか測れません。
他の病院は、外注に出すので日数がかかります。

こんなふうに良い面はあるのですが、らなも転院を考えた方がよさそうです。
私の感性とは・・・かけ離れていて、精神的について行けません。

れい、りんちゃん、れなは、他の病院に転院させました。

一番のネックだったCRPの数値のことがあるので、らなだけ転院は留まっていました。

ムカムカして寝れそうにないです。

れい&らな&りん&れなに応援お願いしますクリックて頂けたらうれしいです

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村