れい&らな&りん・・・&れな♪

れい12歳♂ らな11歳♀ りん9歳♂ れな5歳♀

2020年05月

免疫力が弱っているのか?

クッシング症候群。
それによって、糖尿病になったり、脱毛や皮膚炎が表れたり太ったりと。

IMG_2567

いろいろ聞いていますが…

FullSizeRender

らなは。
太ったけど。
顕著に現れているのは、皮膚炎。
膿皮症です。

抗生物質を飲ませていても…出てくる。
元々、皮膚が弱いというか?汚れやすい子ですが。

かわいそうで、たまりません。

今、自己免疫疾患とクッシングの薬、それと皮膚の抗生物質を飲ませています。
れいのように、薬が増えるのもイヤですが…
なんとかしてやりたいです。



プレドニゾロンの減薬を早めない理由。

土曜日、れなの血液検査の結果は…懸念していた肝数値も許容範囲の数値となりました。

3日にプレドニゾロンを減薬したから肝数値も下がってきたのだと思います。
減薬のおかげで抜け毛も減りました。

FullSizeRender

れな。
プレドニゾロンで肝数値が、びっくりするくらい跳ね上がったこと。副作用が出たこと。
そのせいか?
先生もプレドニゾロンの減薬を早くしょうと気遣ってくれているようです。
が、減薬の時期や量については…やはり府大の先生はどういうてはる?と。
専門医の指示通りした方が良いとの考えだと思います。

FullSizeRender

府大も、まだ新しい患者は受け入れてないし…
私も頻繁に府大の先生と連絡を取るのも、はばかれるけど。
減薬の量が決まらないので、聞くしかない。
こんな状況でも、患者の対応はしっかりしているし、担当の先生が本当に良くしてくれ、ちゃんと指示を貰えます。

プレドニゾロン=ステロイドは、ゆっくり時間をかけて減薬すること。
時間をかけて減薬することで、再発の危険性を減らせるということでした。

焦ったらアカンということですね。
焦って減薬しても再発したら、元も子もないからね。

らなの時は、前院長の判断で徐々に減薬しました。
なので、今回もホームドクターに任せていたら良いと考えていましたが…
今は、府大に丸投げ状態です。
が、考えようによっては、専門医に任せてくれてありがたい。


クッシング症候群、麻酔のリスクが高いそう。

昨日は、らなのクッシング検査の日でした。
薬の量を決める為です。

FullSizeRender

今のところ、クッシングは落ち着いているようで…
薬も従来通りとなりました。
多発性関節炎も。たぶん…落ち着いていると思います。

クッシング症候群は、皮膚炎になりやすいので、膿皮症の症状が、なかなか治りません。
シャンプーだけでは、間に合わず…抗生物質も服用しています。

そして、気になっていた…グラグラの歯。

抜くのには、麻酔。
私は、らなが12歳なので年齢的に麻酔はしんどいかなと思っていました。
が、クッシング症候群は麻酔のリスクが高いので、麻酔はかけれないと。

迂闊に歯も抜けないと言う事です。

らなは、従順で…歯石も私が取っていたし。
うちの子たちには珍しく、今まで病院で歯石除去をした事がありません。

が、人間同様、歳をとると歯も弱ります。


久しぶりのマザーカート。

今日は、らなのクッシングの検査と…
れなの血液検査の日でした。
2人とも血液検査ですが、やり方や検査の項目が違います。
らなは、半日の入院での検査です。

IMG_2544

昼前に連れて行き、夕方のお迎えです。

IMG_2548

夕方は、れなの検査もあるので…
今日は、久しぶりにマザーカートを出しました。
高かったのに、使わず…
お蔵入りになりかけていました。

車に積んで、降ろして。
たかが病院にカートは邪魔くさいと思っていたので。

でも今日は、コロナの関係で外で待つ時間を考えてカートを出しました。

IMG_2551

が、れな。
カートに慣れてないからか?スリングから出ない。
形相が必死です。

IMG_2554

らなは、ちゃんと乗って、動かして歩くと楽しんでいました。
れいもカートで散歩すると、じっとしていましたね。

れなは、やっぱり…リュックが落ち着くのかもしれません。


自己免疫疾患の遺伝性について。

らなと同じ病気に、娘のれなもなってしまった事。
もうすぐ2ヵ月経ちます。

やっと私の信頼する…トリマーさんに伝える事が出来ました。
コロナで、ワサワサしていたし、れなの副作用もあり…
なかなか報告が出来ませんでした。

遺伝性ではないとは、はっきり言われてないけど…
遺伝性での患者は診た事も無いし、聞いた事もないそうですと伝えると。

FullSizeRender

人間は、遺伝があるんですと。
たぶん、ワンコも遺伝性があるだろうけど、まだデータがないんやねと。
じゃあ、らなとれなは、第一号か?

ストレスと冷えは、絶対アカンと言われました。
いつも獣医師からは聞けない事をアドバイスしてくれるのでありがたいです。
ストレスと冷えを避けながら、病気と上手く付き合って行くようにと。

FullSizeRender

私事ですが、今日は体質改善の為の漢方医に行って来ました。
前回から10日ほど経ちましたが、効果が少しずつ出て来ました。
元々、西洋医学より東洋医学に興味があるので。
自分の体の変化も楽しいです。

自分の免疫力が下がったと感じたのは、アレルギーの症状が出たから。

5年くらい前から、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、結膜炎と下痢の症状が出始めましたが、何が原因かわかりませんでした。
最近、免疫力が下がったんやなと…やっとわかりました。
免疫力を高める為の方法は、いろいろありますが。
自分に合ったものを見つけようと思います。


読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
プロフィール

reiranarinrena

れい12歳、お嫁さんのらな11歳。
ふたりの子供のれな5歳。
元保護犬りんちゃん9歳もすっかり家族になりました。
心臓病で闘病中だった、れいが2019年12月28日に12歳8ヶ月で急逝。今でも家族を見守ってくれています。

最新コメント
  • ライブドアブログ