りんちゃんの詳細など、まだ少ししか書けませんが。
時間が経つに連れ、ショックより自責の念と後悔でいっぱいです。

らなは、自分の逝く時を決めて生活していました。毎日、過ごしていて…そんな感じを受けていました。私が、れいの時のように泣かないようにと心の準備をさせてくれたのだと思います。

れいも心臓病だったので、いつかはと覚悟はしていましたが。
まだ、13歳にも慣れず…無念でした。
それで泣き暮らしました。

それに比べると、りんちゃん。
来月で12歳です。まだ11歳。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

まさか病院に連れて行き、冷たくなって帰ることになるとは、夢にも思いませんでした。

私に出来る事は他になかったのか?
どこで判断を間違えたのか?

過ぎたことなので、仕方ないとわかっていてもいろいろ考えてしまいます。

あの時、ああしていれば…
りんちゃんを死なせずに済んだのでは?
と、今日一日、自問自答していました。

昨日は、あまりにも急で、夢を見ている感じでした。
時間が経ち、落ち着いて、後悔ばかり。
が、後悔先に立たずです。

IMG_2727

ごめん、ごめんと謝っても。
りんちゃん、帰って来てくれません。
ペットロス…れいやらなでは感じなかった思いです。


IMG_2725

虐待されてた子なので、長生きさせてやろうと思っていたのに、こんなに早く逝かせてしまい…
りんちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

娘が、りんちゃんに花を買ってくれました。

りんちゃん、明日…霊園に行って来ます。

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村